お仕事ママ朗報!! 幼児クラス 夜7時~のクラスを開講します!

こんにちは。

藤が丘校です。

4月より新しくクラスを開校しますのでご紹介です!!

現在、ご両親ともにお仕事をされている方が増えてきていると思います。

教室も、お仕事をされているかたは土曜日に来られる方が多く、新しく入られるかたの枠をなかなか確保できないのが現状です。

保育園に通われている方だと、どうしても平日の15時半~というのは難しいですよね・・・。

6Y4A9126.jpg

そこで、この4月より、19時~の幼児クラスを1日、開校することにしました。

保育園に行かれているかたも、そのあとに来れるのではないでしょうか。

また、曜日も「金曜日」にしました!

次の日がお休みなら、ちょっと帰りが遅くなっても大丈夫じゃないかなと思っての決断です。

先日も、お仕事されているママさんにそのことを話したら、

保育園だと、なかなか小学校準備ができなくて心配だったの。

19時だったら間に合う!いいわね!!

と言ってくださいました。

(この言葉もスタートする後押しになりました☆ありがとうございます!!)

6Y4A9197.jpg

少しでも興味を持ってくださった方に学びの機会を与えられたらとの想いです。

【開講情報】

曜日:毎週金曜日

時間:19時~20時

対象:ベーシッククラス(年少~年長さん)

この時間だったら行けそう!!!と思われた方はぜひ無料体験にご参加ください!

4/5(金)より体験スタートします!!

無料体験のページよりお申込みくださいね☆

漢字検定の結果が返ってきました☆

こんばんは。

ご覧いただきありがとうございます。

2月に受験しました、漢字検定の結果が先日返ってきました。

今回は、総勢23人が受験したんです。

年を追うごとに受ける子が増えてきています!!

人数が多いと、子どもたちの緊張もいつもより増していました。

試験前も、一言もしゃべらず黙々と最後の見直しをし、

試験中も、ちゃんとルールを守り、40分(60分)の試験をやり切りました。

そして、先日結果が返ってきました。

見事全員合格!!!

自分の学年より1つ、2つ上の学年級を受験する子も出てきています!

昨年は「絶対受けない!!」と言い張っていた子が、周りのお友達が受けている姿をみて、1年越しでチャレンジした子もいます。

小さいころから試験受けて何になるんだ!?と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。

実際、そのような声を聞いたこともあります。

でも、私は、毎回試験を監督していて強く感じます。

小さいころから試験を経験しておくべきだって。

試験を受ける ということは、

①それに向けて準備をします

②当日の緊張感、いつもの力が発揮できない経験 を体験します

③その中でベストを尽くして結果がでます

④結果に対して、達成感、嬉しい気持ち、悔しい気持ち、反省 などいろいろな感情を味わいます

⑤その感情をバネが次の活力になります。

と、たーーーくさんの経験ができると思うのです。

学力だけでなく、心が大きく成長すること間違いなしです!!

19-03-14-19-03-35-995_deco.jpg

みんな、満面の笑みでしょ(^-^)

次の漢字検定は6月です。

ぜひ、みなさん、チャレンジしてみましょう♪

自発的に動けるようになっています!

こんにちは。藤が丘校の小野です。

ヨコミネ式学習教室では、毎日ホワイトボードに「本日の予定」を書きます。

小学生クラスでは、先生の真似をして

「今日の予定を書きたい!」という子が多く、時々子どもたちにお手伝いをしてもらいます。

先日、いつもより早くきたAくんが「ホワイトボードに今日の予定を書きたい!」と言ってくれたので

お手伝いをお願いしました。

1550810912883.jpg

すると、いつの間にか『時間をまもろう』という文字が!!

1550810915033.jpg

「どうしてこれを書いたの?」と聞くと

『だって、みんなが時間を守れば早く次のことができるでしょ?」とのこと。

前に「早く片付けが終わったら次の遊びの時間がたくさんとれるよ!」と話したことがありました。

それをしっかり覚えていてくれたようです。(嬉しい~~♡)

このボードをみて、他の子どもたちも

「あっ〇分になったよ!」と時間を意識して動いてくれました。

大人が言うより何倍も効果があり、自分で考えて動ける姿に感動する出来事でした☆

お父さま、お母さまの力にもなりたいと思っています。

こんにちは。

先日、3年生の女の子のお母さまから伺ったお話です。

ある日、「学校に行きたくない」と彼女が突然言ったそうです。

どうしたの?と聞いても言いたくないと。

教えてくれませんでした。

親としては何があったか知りたいですよね?

でも、このお母さまは子どもが話すまで待とうと思われて、我慢されたそうです。

そうです!

子どもが苦しんでいるとき、家でも親から「何があったの??何で話してくれないの?」

と追いたてられると、家にも安住の地がなくなり行き場をなくしてしまいます。

子どもたちにとって、安住の地であり、心許せる場所なのです。

外でも苦しく、内でも苦しくては過ごせないですよね。

彼女は2日ほどすると、自分から事情を話してくれたそうです。

お母さまは「その間本当に苦しかった。でも待ってよかった。」

とおっしゃっていました。

images (2).jpg

お父さま、お母さま、

そんな時にはぜひヨコミネの先生にご相談ください。

私たちは、学校の先生ではないので意外に気軽に子供たちはいろんなことを話してくれます。

私たちは子どもたちだけでなく、お父さま、お母さまのお力にもなりたいと思っております。

どんなことでも構いません。

1人で抱え込まず、気軽に言ってくださいね☆

子どもが泣いたときはどうしたらいい??

こんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

今日はこの4月から年少さんになるAくんが体験にきてくれました。

お母さんからはすんなら離れられて教室のおもちゃで楽しく遊んでいました。

時間になったので

「さぁ、始めるよ!挨拶するよ!」と言ってもいつまでも遊んでいます。

(まだ全体のルール というものがわかっていない時期なのです)

なので、遊んでいたブロックを片付けました。

そうしたら案の定大泣き。 結果的には18分ほど泣いていました。

教室では、泣く子は泣かしておきます。

これはヨコミネ式の考え方です。

泣いている子にかまってしまうと、泣けば許してくれると子どもは認識します

甘えたい気持ちもあるので、もっと大泣きします。

ですから、知らん顔して授業をスタートしました。

(ご家庭では、その場から離れることをオススメしています。姿を見えなくすることがポイントです

するとね、しばらくすると

『え~ん』と言いながらもたまにこっちを見ます。

そして、絵本を読んだころにはとうとう反応し始めました。

国旗の絵本のころには他のお友だちと一緒に椅子に座っています。

ペグ(指先を使う教具です)を始めたころには流した音楽に合わせてノリノリです♪

みんなの真似をしたり、おともだちに「どうぞ」をしたり。

最後にはブロックとボールでボーリングにも参加。

順番もルールもちゃんと守ります。「次は僕ね」と。

子どもが泣いたとき、

さらに怒ったり、ぎゃくになだめたりしなくても大丈夫です。

本人がなっとくするまで泣いたらすっきりしてまた活動を始めますから。

Aくん、最後にはとっても上手に挨拶してニコニコで帰りました。

ママとデート♡

こんにちは。

藤が丘校のモリです。

今日は、先日とってもほっこりしたエピソードをご紹介します♡

入会して5が月、すっかりお話が上手になった年少さんのⅮくんのお話です。

ある日、とっても寒い日で私が

「あ~~寒いよ~」というと、

Dくんが

『ぼくはさむくないんだ~♪』

と。

「え~寒くないの?なんで??」

ときくと

『だってね、ぼくね、昨日、ママと・・・デートしてきたの♡』

「えぇぇぇぇ!?デート!?いいなぁ~どこいったの?」

と聞くと

『えっとね、あったかいコーチ―を飲んできたの』

と。

「きゃぁぁすてき☆でもⅮくん、コーヒー飲めるの?」ときくと

『うん!おいしいコーチーは飲めるよ!』

と目をまんまるにしてお話してくれました。

あとから、お母さんにお聞きしたらスタバでフラペチーノを飲んだそう。

冷たいやん!!!( *´艸`)

でも、Dくんにとってはお母さんが想像する以上にデートが楽しくて幸せで、

心があったーくなる出来事だったんですよね。

翌日までもその温かさを感じている。素敵だなぁと思いました。

幸せを感じると、4歳でもこんな詩人のような表現をするんですね!!

images (2).jpg

あなたもたまには、お子さまとデート、してみませんか??

きっと素敵な時間になるはずですよ♡