大丈夫! みんなできるようになります!

こんにちは。

「うちの子、座っていられないんです」

「ママから離れると泣いちゃうんです」

無料体験中、ほとんど座ることもなかったAくんも、

60分間泣き続けていたBちゃんも、

半年もたたないうちにこんな風になりました。

1572587230981.jpg

1572587229193.jpg

みんな同じです!

私たちにお任せください!!

★秋のお試し無料体験詳細はこちら↓★

https://www.yokomine-study.com/taiken/

環境を大切にしています

こんにちは。 藤が丘校 土曜日担当のイワムラです。

先週の小学生のクラスで、素敵だなぁと感じることがあったので

ご紹介したいと思います。


スタンダードクラスは、小1~小3のクラスです。

1年生のAくんが、国語の読解問題で苦戦をしていました。

「わからないよ~」というAくん。


すると、すでに終わった2年生のB君とC君がA君の周りに集まって

一緒に文章を読んであげました。

20191026_133506.jpg
それでもまだ答えがわからないAくんに対して

B君、C君はAくんがわかるまでヒントをあげたりして一生懸命教えてくれます。

20191026_133514.jpg

最後にAくんも「わかった~!」と^^

教えるって実はとても難しいことですよね。

ただ答えを言っていいわけじゃない。

相手がわかるように声かけをする。

それって相手の気持ちを推し量る力が必要です。


ヨコミネの教室では、

ただ、国語ができる、算数が解ける

それだけでなく、学ぶ力、考える力を育てられるような環境を大事にしています。

★秋のお試し無料体験詳細はこちら↓★

https://www.yokomine-study.com/taiken/

そろばんの集中力が増してきました!

こんにちは。

こちらは、先週土曜日のそろばんクラスの様子です。

20190921_143056.jpg

最初のころは、ざわざわして集中できない子も多かったのですが、

最近は、計っている間はしーんとしてそろばんの玉の音がカチカチ聞こえるだけ。

毎回の積み重ねで確実に子どもたちは成長しています!


ヨコミネ式のそろばん検定は、毎月教室で開催しています。

子どもたちの意欲が途切れないようにいつでも受験できる

というのがヨコミネ式そろばん検定の良いところ!!


今月も、たくさんの子が受験しました!

★秋のお試し無料体験詳細はこちら↓★

https://www.yokomine-study.com/taiken/

新聞の読み方を学ぼう

こんばんは。


4月からカリキュラムを一新した小学生のスタンダードコース


今までの体操やカード、暗唱のほかに、

・新聞を読む

・新聞の書写

・辞書引き

・思考力問題の練習

なんかが加わっています。


その中の今日は「新聞」について。


今、新聞の購読率はすごく減っていると言われていますね。

電子化が進み、タブレットや携帯でも読める時代です。

ですが、子どもたちにはあえて「紙の新聞」を読ませています。

2019-05-21-17-40-34.jpg

新聞って読むの難しくないですか?

つぎ、どこに続いているのか、なれるまでわからないですよね。

私も小さいころ苦戦した覚えがあります。


ヨコミネの子どもたちには、

新聞の読み方も知っていてほしいと思い、

また、みんなで読むことで読解力の強化につながるので取り入れています。


難しい字も出てくる新聞の文をみんな一生懸命読んでいます。

2019-05-21-17-44-28.jpg


最初はたどたどしいけれど、回を重ねていくごとにスラスラよめるようになっているんです!

子どもたちの順応性の高さには驚かされます。


これも、経験!

なにごとも経験!


やるから力がつくんですよね。


着実に読む力、理解する力が備わってきているスタンダードクラスの子たちです!!

早生まれのお子さまをお持ちのお父さま、お母さまへ②

こんにちは。

藤が丘校のカサミです。

今回は早生まれのお子さまのお話第2弾です。


前回、早生まれについて、親の立場からのお話をさせていただきました。

今回は、子どもの立場からお話してみたいと思います。


今月15日のNHKテレビの朝イチでご覧になったかたもいらっしゃるかもしれませんが、

早生まれの子どもたちも、親ごさんと同じで

「なんでできないのかな?」

「なんでみんなはできるの?そんなにすごいの?」

と思いながら過ごしています。


そんな中で、周りから

『なんでできないの?』

『なんで?なんで?』と追い打ちをかけられて自信を無くてしまいます。


特に、小学校1年生は何もかもが異次元の世界。

そんな中で、いろいろな違いに戸惑って、どんどん追い込まれて自己否定をしてしまいます。

結果、負のスパイラルに突入・・・となるわけです。



今、親ごさんに必要なこと

それは「待つこと」です。


早生まれだからできないんだよね

ではなく、早生まれだから今にできるようになるからね!!と励ましてあげることです。

そして、自己肯定できるように接してあげることです。


いずれ追いつきますし、追い越します。

長い目で見守ってあげてください。

DSCPDC_0002_BURST20181123164246280_COVER.JPG


私の長男も早生まれです。

今思うと、確かにいろいろなことが遅かった気がします。

お勉強も体操も・・・。


でも、高校生のとき、なぜか一気に成績が伸び、希望の大学に入れました。


それくらい時間のかかる子もいるかもしれません。



子どもは、親がみとめてくれるだけで安心する

と言われています。



何かお困りのことがあれば、いつでもご相談くださいね(^-^)

母の日メッセージ♡

こんにちは

明日は「母の日」ですね。

今週は、授業の中でおかあさんへの感謝メッセージをみんなに書いてもらいました。

「〇年間育ててくれてありがとう」

「いつもごはん作ってくれてありがとう」 といった感動しちゃう言葉もあったり

「〇〇買ってください!!」なんてお願いしちゃったり

「昨日は言うこと聞かなくてごめんなさい」とあやまることばを書く子も。

みんな、お母さんにいろいろな想いを持っているんだなぁと感じました。

みんなのメッセージ、窓に貼っています。

来週も貼っていますので、よかったらぜひ、おこさまのメッセージ、探してみてください(^-^)

DSC_0997.JPG