カテゴリー:授業の様子

自分で調べる楽しさを!

こんばんは。

火曜日担当のイセキです。


4月からスタンダードコース(小学生コース)の内容が一新しました!


その中の1つが『辞書引き』です。


今まで、わからないことを「人に聞く」

から

「自分で調べる」へ。


①辞書をひく

②意味をノートに記入する

③みんなに発表する


「あった!!!」

と早く見つけることがうれしい。

「へぇ~そうなんだ~」

と意味を知ることが楽しい。



子どもたちは夢中になって取り組みます。

1559040771049.jpg


今は書き写すことに時間がかかります。

丁寧に書いていないと、すらすらと読むことができません。

「読める字」を意識して書くことになれることが大事です。

皆の前で発表しその意味を共有することも大切です。

1559040767990.jpg

「やってきたよ~!!」

と報告してくれる子どもたち。

おうちで取り組むことで

「自分で調べる癖」をつけてほしいと思っています。


辞書引きには単に意味を知るだけでなく

学ぶことがたくさんあるのです。

ただいま、辞書引きが楽しい子どもたちです☆

★秋のお試し無料体験詳細はこちら↓★

https://www.yokomine-study.com/taiken/

ヨコミネの4つのやる気のスイッチ~子どもは真似したがる~

こんにちは。


土曜日クラスのお話です。

5月から10:30~ベーシッククラスが新しく増えました。


この前の土曜日、もともと11:30~14名だったクラスが2つにわかれました。


11:40~のクラスが年少さんと年中さんだけのメンバーになりました。


すると、3月、4月の間、年長さんや、新1年生さんが遊んでいた「すごろく」で遊び始めたんです!!


実はずーっと見てたんですね。

さいころを転がしながら、見よう見まねで遊んでいて私は驚いてしまいました!!

1558413107304.jpg

本当に、子どもたちの力に驚かされます。


ヨコミネのやる気のスイッチの一つ

真似をしたがる」です。


子どもたちは、好きな人や、あこがれの人のやっていることは特に真似します。


親の背中を見て育つ

なんて言いますが、本当ですね!!

自主的に動ける子がたくさんいます

こんにちは。火曜日・金曜日担当のイセキです。

一社校の子どもたちは、よく気がついて自主的に動ける子が多くなりました。

つい先日も、壁に貼っている「机にむかいま表」がはがれているのをみつけた子が

『僕がつけてあげる』

と言いに来ました。

ホッチキスで留めていたのですが、それを使ったことがない様子。

ホッチキスの針の入れ方から説明し、壁につけてくれました。

なんだか楽しそう(^-^)

1555990984646.jpg

***

ある日、加湿器に入れた水が床に大量にこぼれてしまいました。

必死で拭いていると、みんながティッシュや雑巾を持ってきて拭き始めました。

中には

「ぼくのティッシュを使って」

とポケットティッシュを差し出す子も。

みんなに助けられました。

***

体操で逆立ちをしているとき、もう少しでできそうな子がいると

待っている子たちの中から

「がんばれ!がんばれ!」

と自然と声が出てきます。

また、目線が真下を向いている子に

『ここを見るんだよ』としるしの所を指さししてくれました。

まるで、もう一人の先生がいるみたいです。

***

お当番のセリフ(私のクラスで使っている最初のあいさつ当番の紙です)の紙にいつのまにか、注意が加わっていました。

・きおつけ は足をくっつけ、手を横に着け動かないように

・前を向き大きな声であいさつする。

自分が前に立った時にみんなの様子を見て気になったのでしょう。

改善しようと注意書きを加えたんだと思います。

1555990988737.jpg

***

まだまだたくさんあり伝えきれませんが。

自主的に動くというのは、自分のためだけではありません。

人に思いやりをもって接することにもつながるんだと思います。

集団行動のなかで、子どもたちは

・心を動かし

・体を動かし

・頭を動かし

日々成長しています。

スプリングスクール ワークショップ① ~ワイヤーアート~

こんばんは。

本日より4月、新年度スタートですね!!

わたしたちヨコミネ式学習教室は、スプリングスクールまっただなかです!!!

今週の5日間はワークショップの日。

幼児と小学生に分かれてそれぞれ毎日いろんな体験をします。

本日1日目 小学生のワークショップは 『ワイヤーアート』でした。

造形作家 ワイヤーアートの曽我先生に講師として来ていただき、ワイヤーを使って自由に工作をしました。

最初は小学生でもちょっと難しいかも・・・と思ったのですが、

子どもたちの順応性はばつぐん!!

どんどん手つきが慣れて思い思いに作品を作っていました。

DSC_0754.JPG

集中した姿!!

DSC_0757.JPG

みんなの作品。

個性豊かな作品が出来上がりました!

DSC_0760.JPG

ちょっとうまくできないと、「もうやだ。やれない!」と拗ねてしまう子がいたり、

どんな作品を作ろうかなかなか決められない子がいたり、

普段の授業では見られない弱点が見えたり、逆にこれ才能やね!!という特技が見えたりするから

この長期イベントは楽しいのです!!!

すてきだったのが、作りながら

「これはお母さんにプレゼントするの」

「お父さんがいつもごはん作ってくれるからお父さんにもあげたい」

と、誰かのために作る姿が見受けられたこと。です。

曽我先生も感動されていました!!

1日目のワイヤーアート、楽しかったね!!

声かけ、環境でこんなに変わる!!

こんにちは。モリです。

入会して半年のAくんのお話

彼は、なかなか教室のルールが守れませんでした。

先生の指示が聞こえないみたい。

お腹に力が入らず、いすにキチンと座りじっとしていることができません。

用意もモタモタしていていつもみんなより遅れてしまいます。

Aくん、やりなおし!

みんなを見てみて!

座って!!

私はそんなことばかり言っていました。

Aくんが来ていたクラスは14人いる大クラスでした。

なので、5人の少ないクラスに移ってみる提案をしました。

すると・・・・

先生の声が聞こえるみたいです。

動きが少し良くなってきました。

私は

Aくん、いいね!!

その姿勢かっこいい!!

Aくん、1番!

私の声かけが変わりました。(正確には変えました)

すると、Aくん、みるみるうちにいろいろなことができるようになりました!

テキパキと動けるし、一度で先生の話が聞けるようになりました。

正しい姿勢で座り、言われなくてもできるようになってきました。

あらまぁ。

悪いのは私の声かけ

悪いのは環境

だったのです。

ちゃんとできる環境を用意し、

本人に正しいことを伝え、

本人にも自分でできると信じさせる。

それが出来ていなかっただけでした。

だんだん体が「正しい」を覚えていきます。

できるから、もっとがんばる。

やっぱり1番は嬉しい☆

もう少しできるようになったら、14人のクラスでも学校の30人のクラスでもできるようになります。

悪いのは子どもじゃない。

悪いのは周りの大人。

小学校入学まであと1か月。

かっこいい1年生になりますよ☆☆

19-03-14-19-01-12-645_deco.jpg

※写真はイメージです

1人ができると自分でできるようになりたくなる

こんにちは。

火曜日小学生クラスのお友だちは休み時間に逆立ちや三転倒立の練習するのがブームです。

1人できる子がいると、他の子は

「私も(ぼくも)できるようになりたい!」と必死に練習します。

昨日は3人ができるようになっていました!!

DSC_0615.JPG

DSCPDC_0000_BURST20190226171155194.JPG

DSC_0619.JPG

ほかの子も必死に練習中です!!

教室でいろいろなお友だちと関われることで、

1人1人の能力や可能性がどんどん引き出されています!!

次はどんな能力が開花するのか楽しみです(^-^)