ウィンタースクールで成長

こんにちは。ヨコミネ日進校です。

最近インフルエンザが流行っています。お気を付けください。

さて。先日のウィンタースクール最終日のことです。

一年生のN君はいつも誰かに譲って我慢する子です。

ジスターで遊んでいた時、年下のOちゃんへジスターを何回も譲ってくれていました。

しかし自分だって遊びたい。当たり前です。

ですからN君は、自分の分のジスターと、Oちゃんのジスターを分けました。これで自分の分を譲らなくても大丈夫。Oちゃんも遊べるし、僕も遊べる。

そして分けた後は、N君はOちゃんとは少し離れた場所でジスターをしていました。

しかし本当は、ジスターを譲ってもらうよりも、N君と遊ぶ方が重要だったOちゃんは大泣き。

N君はOちゃんからジスターを取り上げたわけでもなくむしろ譲ってあげているのに、Oちゃんがどうして泣いているのか分かりません。

しかし、タイミング的に、"自分のせいで泣いている"という事だけは分かっています。

難しい状況ですよね。

しかし、これは心の成長のチャンスです。

まず、N君がなぜあのような行動をしたのかをOちゃんに伝えました。

「N君もジスターで遊びたいからわけっこしたんだよ」と。

そしてOちゃんに、「本当はどうしたいのか?」と尋ねたましたが、なにも言えません

なので、「本当は一緒に遊びたいのかな?」

と尋ねると大きく頷きました。

N君に、「まだOちゃんは勇気が出せてないだけだ」と、Oちゃんの気持ちを少し話してみました。

すると、N君、

「僕、その気持ちすごくわかる。そういう事だったんだね」

と納得。その後、

「じゃあ仲良く、楽しく一緒にジスターしよう!!」と手を繋いで戻りました。

恥ずかしくて自分で言葉が出ない時、

そもそも自分の気持ちがわからない時、ありますよね。

しかし一歩の勇気を出す事は大事。自分自身に踏み込む強さも大事。

この一件、今回は先生側がOちゃんの気持ちを言葉にしましたがその様子をみたOちゃんは「自分の気持ち」を伝える事って大切なんだと学んでくれました。

今までは助けてほしい時、目で訴えてきましたが、この一件を経た後、「教えて下さい」と小さな声ですが勇気を出していえるようになりました。

みんなで「勇気出せたね!助けるよ!」と、先生が助ける前に、Oちゃんを助けてくれるように。

N君は、「なんでも譲ることだけが優しさじゃなかったんだね」と、言っていました。

Oちゃんは、気持ちを言葉にする大切さ。伝える勇気。

N君は、優しさってなんだろう。悪気がなくてもそういう気持ちにさせてしまう場合がある

事を学びました。
2つともとても大切なことです。

このウィンターで子供たちの成長を感じた出来事でした。

IMG_0139[1].JPG

そろばん、成長しています!!

とつぜんですがみなさん、そろばんはやったことがありますか?

そろばんは計算がはやくなるのは勿論ですが、

忍耐力や論理的な組み立て、記憶力、先を見る力、などいろいろな力がつきます。

みんな、暗算は大好き。

そしてヨコミネの子は、ピンっと背すじを伸ばして手を挙げる事ができます。

この姿、とても素晴らしい事なんですよ。

IMG_0110[1].JPG

集中して一問一問、いいえ、一段、一段丁寧にとかなければならない

その割に時間に追われる算盤。

少しでも間違えれば×になります。

この繊細さが子どもたちの高い集中力を培っていきます。

最初は全然できなくてもいいんです。

きちんとできるようにみんななります。

IMG_0105[1].JPG

ヨコミネの算盤で大切にしていることは授業と同じでメリハリ。

だらだらとやっていては、何事も成長しませんし。

目的を持ってやるのとそうでないのとでは、向き合い方が変わります。

〇級に何月までに合格する!!

その意気込みをもつことが大切。

真剣な横顔の子どもたちから、私も学ぶ事ばかりです。

さて、ウィンタースクールの募集が始まっています。

午後はみっちり算盤を行いますよ。

是非、いらしてくださいね。

IMG_E0116[1].JPG