でんきにおもさはありますか?

こんにちは!

ヨコミネ式学習教室日進校です。

先日、こどもたちに頑張ったシートのメダルと賞状を授与いたしました。

皆さん、おめでとうございます!

S__6184987.jpgS__6184988.jpgS__6184984.jpgS__6184986.jpg

今回、ランクインしなかった子達も、頑張っている事を先生達は知っています。

こどもたちのワークを見ていると、変化に気が付きます。

3という数字一つとってみても、初めのページと最後のページでは、カーブの綺麗さが違っていたり。

文字が濃くなっていたり。

日付が毎回書けるようになっていたり。

ああ、頑張っているんだなあ、と、しみじみ。

ワークの終わった子は次のワークへ進みます。

S__6184998.jpg

さかだちだって、あと少し‼

S__6184985.jpg

おうちでも頑張れているワークですが

お教室でも、ひとりひとり、喋らずにワークを黙々こなしています

S__6184989.jpgS__6184990.jpgS__6184991.jpgS__6184993.jpgS__6184994.jpg

話は変わりますが、先日、ある質問がありました。

小学生クラスにて、みんなで風力発電の新聞を読んでいる時の事です。

「先生、電気に重さはありますか?」

この素朴な疑問。お恥ずかしながら、私、即答する事が出来ませんでした。

「みんなはどう思う?先生は、無いとおもうけど......」

みんなの意見も聞きました。

「乾電池っておもいから、電気に重さはあるとおもうよ‼」

「でも、静電気は形がないよ」

意見が飛び交いました。

その後、こどもたちとインターネットを使い、調べてみました。

電気は流れるものなので、基本的に質量は無いと考えられるが、全くないわけでもない。

という回答が得られました。

電気は流れるもの、確かに。

と、子供達と頷きました。その後、水道までいき、バケツに水をいれました。

水が留まっている状態と、

同じ量の水が少しずつ流れている状態。

同じ量でも全然、感じる重さは違いました。勿論、留まっているほうが重たく感じました。

また新たに一つ、生徒と先生に知識が増えました。

大人ではもう疑問にすら思わない所を疑問に思える子供達はやっぱり天才なんですね。

学きっかけを、先生と生徒がお互いに作れる良い空間がヨコミネにはあるんだなと改めて感じました。

いくつになっても色々な事に興味と疑問を持ち、学んでいきたいですね。

作文の書き方

こんにちは。ヨコミネ式学習教室です。

常日頃、ヨコミネでは、子供たちに心と身体、そして頭を使う事の重要性を身をもって経験してもらっています。

最近は面談も進んでいます。そんな中で、

"うちの子、作文が書けないんです"

"苦手なんです"という悩みを良く聴きます。

なので、今日はお悩みの多い"作文"について、ブログを書きます。

結論、作文は難しいです。

これは、答えが1つではない、からです。

いままでのワークは丸かバツか、でしたが、作文はそうはいきませんよね。

答えが1つでないものは難しいのです。

世の中には答えのないものの方が多いと私は思います。

人の数だけ心があり、人の数だけ答えがあります。

私達大人でも、相手を悲しませてしまったり、怒らせてしまったり、自分が嫌な思いをしたり、なんだかなあ、と、悶悶とすることがあります。

相手や自分がそんなつもりはなくても、そうなってしまう事が一度はあるはず。

答えが1つでないものは難しいのです。

自分の気持ちを冷静に相手に伝える、これは努力と体力がいる事です。

作文を初めて目の前にした子供達は困惑します。

どうしたら伝わるか、どの言葉が正しいか、どう組み立てればいいのか

それをジッと考えているのです。

その様子を見ていると、

「大丈夫かな」

「一文字も書けてない......どうして?」

と、不安になるかもしれませんが、最初は一文字もかけなくてもいいのです。完成しなくてもいいのです。

まずは、どう伝えようかと考える、誰かが読むんだという視点を持つ、それが大切です。

繰り返しますが、作文には明確な答えがありません。だからこそ悩みます。

それは沢山時間を使ってよい事です。自分自身の心と向き合うための大切な時間です。

それでも、ずっと書けないままではいけませんよね。

なので第一段階として、書く、事への抵抗を無くしていきましょう。

作文に触れさせた後、「きょうのひとこと」を毎日聞いてみてください。これは、こどもに言ってもらいます。

「今日は何があってどんな一日だった?」と、聞いてみてください。

公園で遊んでたのしい一日だった。

学校で友達とあそんだ面白い一日だった。

特になにもなかった。つまらない一日だった。

色々な答えが返ってくると思います。

○○があった、だけで終わってしまったら、それについてどう思ったのかまで聞くとさらに良いです。

慣れてきたら、第二段階として、書かせてみてください。

「ひとこと日記」「こうかん日記」にしてみてください。

「いつも今日は何があってどんな一日だったか聞いているけど、今日から、これに書いてみてね」

毎日言ってきたことを書くだけなので、こどもたちはすぐに書くことができます。

保護者の方も、

「私は今日、○○な日でした。楽しかったよ」など、交換できるとさらに良いです。

これを、二言、三言、と増やしていってみましょう。

箇条書きでもいいですよ。

箇条書きをつなげる練習をすれば、それは"日記"になり、箇条書きをしなくても、日記がかけるようになってきます。

日記が書けるようになってきたら作文も少しずつかけるようになります。

作文に困っている方がいたらぜひ試してみてくださいね。

また、言葉を知らなくては、そもそもかけないので、辞書引きや新聞を読む習慣、起承転結のあるお話し読む習慣も重要です。

ヨコミネではワークは勿論、毎回ではありませんが、新聞や辞書引き、読書の時間を取り入れているので、是非、子供達から、今日はどんな新聞だった?何を調べた?など聞いてみてくださいね。S__5726216.jpgS__5726215.jpgS__5726214.jpgS__5726213.jpgS__5726212.jpgS__5726210.jpg