子どもの限界を決めないで

おはようございます。

ヨコミネ式学習教室徳川校です。

今年1年生になったAくん。

お母さんは、毎日の児童クラブに、あれもこれもと習い事をくっつけます。

先日は、学校でプールに入り

そのあと習い事でプールに入り、

それからヨコミネ式学習教室にやってきました。

お母さまより、

さすがに疲れているかもしれません。

もしかしたら寝てしまうかもしれません。

そんな風に聞きました。

授業の前にそろばんもあります。

私も、そんなに詰め込む必要があるのだろうか?

少し心配になりました。

4月のころ、教室に入ってきたAくんは

ぼーっとして、気を抜いたら寝てしまいそうな状態でした。

今日もそうなるかな?

すると・・・

Aくん、疲れた顔でやってきました。

しかし、お母さまから離れたとたん、顔つきが変わりました。

始めたばかりのそろばんに積極的に取り組み、

授業前の休憩時間に少しゴロゴロしただけで、

授業では大きな声で暗唱をしたり、

大好きな算数にも、少しきらいな国語にも

しっかり取り組みました。

これが学習の体力です。

彼にはこれがちょうどいいのかもしれない。

少し負荷をかけた状態を継続して続けていると、

体や心が慣れてきてそれが当たり前になります。

幼稚園の間、しっかりとつけた学習習慣のおかげで、

Aくんはこの負荷をクリアしました。

まだまだこれを定着させるには、時間がかかります。

でも、これが当たり前になれば

必ず力になります。

私たちスタッフは、

こうやって子ども達から学ぶこともたくさんあります。

子ども達を見て、観察して、

その子のベストを探します。

大人が限界を決めてしまわない事

とても大切なことです。

一方で、あれもこれも詰め込むことで

子どもがパンクしてしまうことがあります。

できていたことまで、すべてできなくなってしまう状態です。

そうなると、しばらく何もできない状態が続きます。

できる限り、そのようなことが起こらないよう

私たちも子ども達の様子を見てお伝えしますね。

ヨコミネ式学習教室は、勉強を教える教室ではありません。

子ども達が自分で学ぶ力をつけていくことを全力でサポートします。

ヨコミネ式学習教室では3回の無料体験ができます。

今なら、サマースクール同時申し込みで入会金が無料になります。