自分で決めさせるとこんな変化が!

こんにちは。一社校のイセキです。

今日は数か月前に入会したAくんについてのお話です。

A君は、毎日家でもワークを取り組んでいます。

6月の目標も「ワークをがんばる」でした。

いいかんじ◎

19-06-28-18-24-51-206_deco.jpg


しかし、毎日机に向かえない子もいます。


半年以上たち、慣れてきたBちゃんの家庭学習は週に3~4のペースでした。


これでもいい! と感じたらヨコミネの理念に反します。


負けずぎらいのBちゃんには少し厳しく毎日やることの大切さを伝えました。

そして、いつやれるのか自分で決めてほしいと伝えました。

お母さまにも生活習慣を伺い、朝にすることもありだということを伝えました。



するとどうでしょう。

毎日やれるようになってきたのです。


今では

「やってきたよ~」

「今日は朝5時半に起きたらから眠たいの~」

『え!?はやくない!?』

と私が返すと、

「私が決めたことだからいいの!」

というではありませんか。


もうびっくり!!

なんて頼もしい!!!


そうなんです。

自分で決めたことは守ろうとするものです。



人は他人に命令されるとやる気を失うものですよね。

それとは逆に

「自分で決めたんだ!」という自覚を持たせることで

やる気はアップします。

もし、毎日ワークをすることが滞っているなら、

「ワークをやりなさい!」

ではなく、

「何時からにする?」

「今日は算数と国語、どちらからにする?」

と子どもたち自身に

『どうするか』を決めさせてください。


毎日やる習慣さえついていれば、

時には起こる

「いやだからやりたくない」

「いやだけどがんばってやる」

という強い心や体力に繋がります。

もちろん、やる気には波がありますし、うまくいかない時もあります。

そんな時は無理強いすることなく見守ることも大切です。


何か不安なことがあれば遠慮なくお申し付けください。

私たちはいつでも、お子さまの悩みに寄り添い一緒に考えます!

19-06-28-18-25-24-589_deco.jpg