4月は子どもは不安な時期

こんにちは

ヨコミネ式学習教室 御器所校です。

今回は、新年度の子どもの心境についてお話ししたいと思います。

すぐに泣く、落ち着かない、暴れるなど4月は子どもが不安定になる季節です。

安心できる家庭とは違い、園や小学校は様々な事があり、刺激に満ちています。

とても楽しいことばかりではなく、どこか緊張しながら過ごしています。

だから自宅に帰ると安心し、我慢していた反動でわがままが出たり

することもあります。

こういった心の変化が激しい4月はいつも以上に子どもの様子を見てあげてください。

子どもの感情が揺れ動く原因を探ることで、子どもに寄り添う近道になります。

また、お母様はそんな時でも慌てず、どっしりと構えていてください。

お母さんの不安は子どもにも伝染していきます。

悲しいことや、不安な事があったと子どもが話してきても、「悲しかったね」「不安だね」

など共感するだけで、「まあ、大丈夫だよ」という雰囲気を作ることが大切です。

どっしりと構えることで安心し、子どもにとって支えになります。

私たちヨコミネ式学習教室でも、子どもの気持ちに共感することはあっても

慌てたりすることはありません。

環境が大きく変わる4月は子どもにとっても不安がいっぱいです。

いつも以上にお子様の様子に気を付けてみてあげてください。

【告知】3月より木曜日も体験できるようになりました!

こんにちは。岩村です。

ご覧いただきありがとうございます。

現在、新年度に向けて、たくさんのかたからの体験、お問合せをいただいております。

ヨコミネ式学習教室に興味を持ってくださっていること、本当にうれしいです!

おかげさまで、開校して2年、現在御器所校の開講曜日はどの曜日もほぼ満席となっています。

なかなか体験の枠をとれずにご迷惑をおかけしているかもしれません。

少しでも多くの方に教室の様子を知ってほしいという想いから

4月より、木曜日も開講することになりました!!

それに先立ち、3月より、木曜日も体験授業の受付をスタートします!!

体験予約ページからもご予約可能となっております。

ぜひこの機会にヨコミネ式の教室ってどんなのか、見に来てくださいね!!

あなたにお会いできることを楽しみにしています♪

体験お申込みページはこちら

おかあさま、焦らなくて大丈夫

こんにちは。 マジマです。

御器所校では今、内部生の保護者面談を行っています。

ちょうど周辺の小学校でも参観や個人懇談があるようで、

「よその子よりも片付けができないように思う」

「同級生と比べて発表が少なくてショック」

「これから授業参観ですが、どういうところを見てきたらいいですか?」

というご相談を多数お寄せいただいています。

FB_IMG_1497948658247.jpg

どうしても、他の子と比べてしまう。

その気持ち、わかります。

ただ、他の子と比べても親子ともに楽しい授業参観ではなくなってしまうと思うのです。

じっくりお話を伺うと、あるお母さまは

たまたま幼少期のお母さま自身が「「片付けが大得意!」という個性をお持ち(うらやましいです><)だったために

『ここまでできて当然』とハイレベルな枠を作ってご自身の幼少期に似た子とくらべてしまっていたことに気づきました。

また、別の子では、

慎重はでさっと行動しないタイプのお子さんが、担任の先生の質問を聞いて、

複数正解があるのに気づきどれを答えていいか迷っていただけ

ということもありました。

ぜひ、前回の授業参観でみたお子さま本人と比べて成長したところを見つけてあげてください。

気になったところはぜひヨコミネ講師たちにお気軽にご相談くださいね。

前述の慎重派Aちゃんへは

「よくいろいろ考えられたね。何通りも答えが出てきたときは、先生にこう話してみるといいよ」

など、別の視点からみた枠組みで認めてあげるで安心して発表できるようになることもあるのです。

おうちの方が感じた成長ぷりを伺うのも楽しみにお待ちしております☆

子どもの発想を広げよう!

こんにちは!

ヨコミネ式学習教室 御器所校です。

今、教室ではブロックを使った遊びを行っています。

一般的なブロックは上や横につなげるだけですが、「GESTAR」という今使っている

ブロックは斜めにも積み上げられるので、立体的な作品が作れます。

また13色の色がある為、同じ色で作る子もいればたくさんの色を使って作る子もいます。

今日もこのブロックで遊びましたが、自由に作る子もいれば、友達と同じものを

作る子もいました。

ただ、同じものを作っていても形や色は全く違う一人ひとりの個性が出ていました。

このように、考えて自分で作品を作るという体験を多くすることが子どもの個性を伸ばし

達成できた喜びを実感出来ると改めて感じます。

幼児期は、知的な発達・心の発達・社会性の発達において「臨界期」という一生の中で

物事を効率よく吸収でき、能力を伸ばし才能を開花させる時期があります。

この時期に様々な経験をさせることがこれからの子どもの成長に繋がっていきます。

ヨコミネ式学習教室では、こういった経験がたくさんできます。

ぜひ、一度教室を体験してみてください。

IMG_0049.jpgIMG_0051.jpg

ウインタースクールの様子をご紹介させていただきます

こんにちは

ヨコミネ御器所校です。

ご覧いただきありがとうございます☆

昨年の年末と今年の年始にかけて、ウインタースクールを開催しました。

毎回長期休みに行っているスクールは、長時間のお預かりで、さまざまなワークショップを行い、
子どもたちにたくさんの経験をしてもらう活動です。
年少さんから小学生までが一緒に活動する、縦割りのスクール。今回は3教室合同での活動。
子どもたちにとっては、それだけでも大きな学びとなっています。

藤が丘校のブログにてまとめていますので、ぜひご覧ください。

*ウインタースクール1日目 ~お習字体験~

*ウインタースクール2日目 ~工作 しめ縄づくり~

*ウインタースクール3日目 ~人間すごろく~

*ウインタースクール4日目 ~体操~

*ウインタースクール5日目 ~クラフトプログラミング~

*ウインタースクール6日目 ~ネイティブの先生で英語レッスン~

次回は、春休み。

スプリングスクールです☆

期間は3/25(月)~4/5(金) ※詳細は追ってお伝えします

子どもたちがたくさんの刺激を得られるようなイベントを今から準備しております!!

楽しみにしていてくださいね~。

本が好きな子になる為に

こんにちは!

ヨコミネ式学習教室 御器所校です。

近年では子どもの読書離れが問題視されています。

スマートフォンやタブレットの普及により、本を読むことより

映像を見て楽しむ事が増えています。

わが子には本をたくさん読んで好きになってほしいというお母さんの声も

たくさんありますので、本を好きになる為に必要なことをご紹介していきます。

はじめに、子どもを本好きにするには好きな本を自分で選ばせることです。

本に興味が持てない子は読むという行為が嫌いです。

ただ、自分に興味がある分野となると進んで読む子がたくさんいます。

たとえば車が好きな子なら、色々な種類の車、車が出来るまでなど

もっと知りたいという気持ちを引き出し、興味のある分野を広げていきます。

そうして「本を読んで楽しい」という体験をたくさん積ませることが

本を好きになるきっかけになっていきます。

読書を幼児期からしてきた子とあまりしていない子では

小学1年生の時点で本をよく読む子の語彙数は約7000語、読まない子は約2000語

とすでに5000語の差があります。

語彙を多く知ることは知識の理解度に大きく影響を与えます。

たくさんの本と出会い、「本を読むことは楽しい」という良いイメージを

もてるようにしていきましょう。

ヨコミネ式学習教室では、子どもにたくさんの本を読んでもらう為に読書の時間があります。

お家で本を読む環境を作るのが難しい場合はぜひ、ヨコミネ式学習教室を

見学してみてください。

IMG_0168 (1).jpg