ヨコミネが1クラス10名の理由

こんにちは。

土曜日担当のモリです。

ヨコミネ式学習教室では、10人に1人の先生がベストだと考えています。

3歳、4歳のママなら

「ちゃんとうちの子、見ててくれてます?」

「もっともっとうちの子みて!」

そう思うかもしれません。

実は見えています。

10人なら見れます。

子どもは、甘えられる環境にいると成長しません。

人数が少ないと、先生がついつい手だし声出ししそうになります。

先回りして、子どもが便利で気持ちいい状態を作ってあげたくなってしまいます。

これは親でも同じではないでしょうか。

でもそうすると子どもたちは、考えることをやめ、戦うことをやめてしまいます。

幼稚園や保育園のように、1クラスの人数が10名を超えてしまうと

おとなしいから

のんびりしているから

おりこうだから

まぁまぁよくできるから

などの理由で完全に先生の意識から離れてしまいます。

だからヨコミネは10名なのです。

DSC_0478.JPG

子どもはみんな天才で、できない子はいません。

でもできないときの手のかけ方、声のかけ方が成長を大きく左右します。

お母さんもこどもにかける

いらない言葉、いらない手助けを半分にするだけで子どもはぐーんと伸びますよ。

方法は教室のスタッフまでお問い合わせくださいね☆

スプリングスクール ワークショップ① ~ワイヤーアート~

こんばんは。

本日より4月、新年度スタートですね!!

わたしたちヨコミネ式学習教室は、スプリングスクールまっただなかです!!!

今週の5日間はワークショップの日。

幼児と小学生に分かれてそれぞれ毎日いろんな体験をします。

本日1日目 小学生のワークショップは 『ワイヤーアート』でした。

造形作家 ワイヤーアートの曽我先生に講師として来ていただき、ワイヤーを使って自由に工作をしました。

最初は小学生でもちょっと難しいかも・・・と思ったのですが、

子どもたちの順応性はばつぐん!!

どんどん手つきが慣れて思い思いに作品を作っていました。

DSC_0754.JPG

集中した姿!!

DSC_0757.JPG

みんなの作品。

個性豊かな作品が出来上がりました!

DSC_0760.JPG

ちょっとうまくできないと、「もうやだ。やれない!」と拗ねてしまう子がいたり、

どんな作品を作ろうかなかなか決められない子がいたり、

普段の授業では見られない弱点が見えたり、逆にこれ才能やね!!という特技が見えたりするから

この長期イベントは楽しいのです!!!

すてきだったのが、作りながら

「これはお母さんにプレゼントするの」

「お父さんがいつもごはん作ってくれるからお父さんにもあげたい」

と、誰かのために作る姿が見受けられたこと。です。

曽我先生も感動されていました!!

1日目のワイヤーアート、楽しかったね!!

声かけ、環境でこんなに変わる!!

こんにちは。モリです。

入会して半年のAくんのお話

彼は、なかなか教室のルールが守れませんでした。

先生の指示が聞こえないみたい。

お腹に力が入らず、いすにキチンと座りじっとしていることができません。

用意もモタモタしていていつもみんなより遅れてしまいます。

Aくん、やりなおし!

みんなを見てみて!

座って!!

私はそんなことばかり言っていました。

Aくんが来ていたクラスは14人いる大クラスでした。

なので、5人の少ないクラスに移ってみる提案をしました。

すると・・・・

先生の声が聞こえるみたいです。

動きが少し良くなってきました。

私は

Aくん、いいね!!

その姿勢かっこいい!!

Aくん、1番!

私の声かけが変わりました。(正確には変えました)

すると、Aくん、みるみるうちにいろいろなことができるようになりました!

テキパキと動けるし、一度で先生の話が聞けるようになりました。

正しい姿勢で座り、言われなくてもできるようになってきました。

あらまぁ。

悪いのは私の声かけ

悪いのは環境

だったのです。

ちゃんとできる環境を用意し、

本人に正しいことを伝え、

本人にも自分でできると信じさせる。

それが出来ていなかっただけでした。

だんだん体が「正しい」を覚えていきます。

できるから、もっとがんばる。

やっぱり1番は嬉しい☆

もう少しできるようになったら、14人のクラスでも学校の30人のクラスでもできるようになります。

悪いのは子どもじゃない。

悪いのは周りの大人。

小学校入学まであと1か月。

かっこいい1年生になりますよ☆☆

19-03-14-19-01-12-645_deco.jpg

※写真はイメージです

1人ができると自分でできるようになりたくなる

こんにちは。

火曜日小学生クラスのお友だちは休み時間に逆立ちや三転倒立の練習するのがブームです。

1人できる子がいると、他の子は

「私も(ぼくも)できるようになりたい!」と必死に練習します。

昨日は3人ができるようになっていました!!

DSC_0615.JPG

DSCPDC_0000_BURST20190226171155194.JPG

DSC_0619.JPG

ほかの子も必死に練習中です!!

教室でいろいろなお友だちと関われることで、

1人1人の能力や可能性がどんどん引き出されています!!

次はどんな能力が開花するのか楽しみです(^-^)

挑戦する気持ちを育てたい

一社校のイセキです。

私のクラスでは「お当番」があります。

皆の前で発表したり自分の思いを伝えるのが苦手なAちゃん。

でも学校の日直のお仕事を大きな声でこなしているらしいとお母さまから伺い取り入れてみることにしました。

決まっていることであれば安心して言えるのかも?と思ったのです。

内容は、私の代わりに最初と最後のあいさつを行ったり、体操の号令をかけてもらったりします。

生徒の一人が挨拶の言葉を紙に書いてくれました。

それをみて言うこともできます。

今は自主性に任せています。

やりたい子たちはちょっぴり恥ずかしそうに。でも先生になったような気分で一生懸命取り組んでくれます。

うまくやるよりも、やってみようと挑戦する気持ちが大切なんです。

そんな子供たちの様子がとても誇らしげで愛おしく感じます。

人前に立つことが苦手なAちゃんが自主的にやってくれる日はそう遠くないかもしれません。

苦手の壁を乗り越えたときにこそ自信となり、力となります。

そんな府に導くことができるよう、日々努めていきたいと思っています。

※写真はイメージです

DSCPDC_0003_BURST20181101154221098_COVER.JPG

学ぶことがさらに楽しくなったよ☆

こんにちは。モリです。

昨日、久しぶりに会った1年生のAくんのお話です。

11月までは私のクラスにいましたが、12月からステップアップしてアドバンスクラスに入りました。

先生みて!と見せてくれた辞書。

すでにたくさんのふせんが貼られていました。

1550884010573 (1).jpg

「わ・く・せ・い  あっあった!!」

「すい星・金星・地球・・・・」

なんだか楽しそうなんです♪

彼は必死に読んでいます。

辞書を読んでいます。

1550884012419.jpg

Aくんにとって辞書は言葉を調べるだけのものではないのでしょう。

まるで、絵本を読んでいるかのように楽しんでいます。

4月から小学生のスタンダードコースは、こんな風に

「学ぶことを楽しめる」カリキュラムになっています!

ご期待ください☆